ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

クードポール第289回ワインを楽しむ会
ビストロ・クードポールに名称は変わりましたが昔から同じ場所同じシェフで続いているフレンチで開催するワインと食事の会、いよいよ25年目に突入です。毎月最初の木曜日午後8時からという遅めの開催時間です。何方でも参加できますので詳しくはクードポールまでお問い合わせ下さい。

さてアミューズグールは蒸し鮑にトマトのエッセンス(ジュレ)、バラフと絹さやが添えられ涼しげな食前の愉しみであります。

つぎに「ヴィシソワーズ・グラッセにキャヴィア」蒸し暑い日には最適のアイスクリーム状にしたポロ葱とジャガイモのスープ、キャヴィアとの相性は折り紙付きです。

続いての登場は「鮎のコンフィ、バジルのソース」。この時期なのに大型の魚体ですが頭から食べられる柔らかさに驚きです。

そして「熊本産黒毛和種のカルパッチョ、ドライトマトとルーコラ」は軽く炙った牛腿肉をスライスしてパルミジャーノ・レッジャーノとドライトマトと食べるのですが黒胡椒の香りが利いていて旨い。
▼続きを読む
| クードポールワインを楽しむ会 |
| 11:50 PM | comments (2) | trackback (x) |
コメント一覧
Georges |2009/06/05 05:42 PM |
higemaster |2009/06/05 04:53 PM |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2009年06月04日
All Rights Reserved./Skin:oct