ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

Saumur Clos de l'Ardil 2002 Domaine des Guyons
同じような写真が続きますが何卒ご容赦下さい。

昨日に引き続きソミュールの今日は熟成したワインをご紹介しましょう。「ソミュール・クロ・ド・ラルディル」のヴィンテージ2002年です。生産者はドメーヌ・デ・ギュイヨン、昨日と同一です。

ワインの名称ですが2007年は「Saumur L'Ardile」と表示されているのにこの2002年ではハッキリと「Saumur Clos de l'Ardil」と記されています。

本来畑の名前などどうでも良い事なのでしょうか? フランス語では名詞に男女の区別があるはずなのですけどね。

さて開けてみましょう。

キャップシールは昨日と全く同じ物ですが、生産者では近所の生産者と共同で洞窟にワインを保管しているとの事ですので、キャップシールは出荷直前に装着されるはずであります。

キャップシール無いまま長年酒庫で寝かせているとボトル全体が黒カビで覆われる事がありますが、この生産者の場合セラーはカビとは無縁のようです。

外観からは2007年も2002年も殆ど変わりませんが、コルクを抜こうとするとかなり手応えが違います。

ですが乾燥して硬くなっている訳ではないので保存状態は良好という事が分かります。


▼続きを読む
| ワイン日記::フランスワイン |
| 11:50 PM | comments (2) | trackback (x) |
コメント一覧
Georges |2009/06/04 04:48 PM |
higemaster |2009/06/04 03:40 PM |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2009年06月03日
All Rights Reserved./Skin:oct