ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

Château Croix de Versannes 2004 AC Saint-Émilion
シャトー・クロワ・ド・ヴェルサン2004年の再検証です。

このワインはこちらでかなり痛烈に批判したのですがファースト・ロットに状態の悪い物が含まれていたようなので2回目のチャレンジであります。

まず2004年の裏ラベルをじっくり見ることにします。

上から「シャトーとその名称」、これはINAOによると任意記載事項。

次に「Saint-Émilion」、これは原産地名称で記載義務事項の一つ。

続いて重複するように「Appellation Saint-Émilion Contrôlée」、これも「AOCワイン」であることの記載義務事項に当たります。

その下の「Grand Vin de Bordeaux」は任意記載事項と云うより書いても構わない程度の文言。

次の「シャトー元詰め」表記ですが事実に基づき許可される任意記載事項であります。もし他のシャトーで瓶詰めしていたら違反行為と云うことになります。

その下「GFA des Vignobles Degliame」つづくその所在地の表記は記載義務事項である「瓶詰め元の社名と本社の住所」に当たります。

その下に並んでいる「13% vol. Produit de France 75cl. 」も全て記載義務事項に当たります。

以上が裏ラベル(本来は表のラベル)であり、その下は任意記載事項及び宣伝と捉えて頂いて構いません。

お気づきですか? ヴィンテージの記載はありませんが本来ヴィンテージは「任意記載事項」に当たり「記載義務事項」には含まれません。
▼続きを読む
| ワイン日記::フランスワイン |
| 11:50 PM | comments (1) | trackback (x) |
コメント一覧
higemaster |2009/05/03 04:16 PM |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2009年04月28日
All Rights Reserved./Skin:oct