ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

フランス料理の老舗、ル・ヴァンサンク
昭和50年開店の「ビストロ・ヴァンサンク」ですが、藤原氏が去ったあと原 彬容(はら・よしかた)氏が経営を引き継ぎましたが、今年で35年目を迎えることになり第一線から退かれることになりました。

6月1日からは旧大阪全日空ホテルで一世を風靡したレストラン「ローズルーム」のシェフであられた横田知義氏が後を引き継ぐことになり、丹下シェフ、則尾マネージャーほか現在のスタッフはそのままという形でリフレッシュ・スタートとなります。

大阪のフレンチを代表するお店として新たなるスタートとなることはまことに喜ばしいことと思いますが如何でしょうか。

昔のことですがオープン当時、ソムリエを務めていたのは岡田氏(現在ル・ミストラル)、牛乳瓶の底みたいなレンズの眼鏡をかけていたのが藤原氏、原さんも当時は若かったのを思い出します。

話は変わりますが同時に届いた案内状のもう一通はアネスト・グループ安田氏の新店舗が淀屋橋に誕生したとのお知らせでした。「VINTHIQUE」という名前のお店で、ホテルユニゾ大阪淀屋橋の中に24日オープンとのことです。

グループのオーナー安田氏は私のお店のお客様で何台も自転車を購入頂いております。市内にある複数の店舗を回るには自転車が一番とのことで、最近ではディスクブレーキの付いたクロスバイクをご購入頂きました。
| ワイン雑感 |
| 11:55 PM | comments (3) | trackback (x) |
コメント一覧
Georges |2009/04/26 06:54 AM |
Georges |2009/04/25 06:17 PM |
higemaster |2009/04/25 05:30 PM |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2009年04月24日
All Rights Reserved./Skin:oct