ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

高額なワイン会
高額なワイン会

ネットでとあるワインを検索していたらこんなのが引っ掛かりました。こちらをご覧下さい。2008年12月のはじめに東京で開催されたワイン会です。

初めに申し上げますが趣味として楽しむワイン会ではなく「アカデミー・デュ・ヴァン東京校の講座の一環」と書いてある通り営利目的のワイン会であるならば、それなりに用意周到に準備しなければならないはず。ところがこのワイン会のために用意されたボトルは各一本ずつとしか考えられません。

これはプロとして恥ずべきことではないか、少なくとも3%の確率(私の経験では5%はあります)でブショネが発生しますので会費21万円のこんな高額なワイン会なら「メインとなるワインの予備は絶対用意すべし」と云うのが私の率直な感想であります。

次に、この主宰者はそこそこワインに詳しい方のはずですけど先ず私に理解できないのが全てのワインが所謂有名ブランドのワインばかりであります。それも生産者が明らかに「ビジネス・ワイン」と認めているお高い物が含まれています。

普通生産者と懇意にしているならばこんなお金儲けを目的としたワインは使わないのが原則ではないでしょうか。

また選んだ会場、ここは元ザ・ハウス・オブ1999とか云う名前で高い入会金が必要だった会員制レストラン・クラブだったはず。いろいろな曰く因縁付きのレストランで、オープン当初は床のきしみ音が妙に気味悪かったものです。まあワインの持ち込みは容易なはずですけども。

ロオジェやアピシウスの方が適切ではなかったでしょうか。そういったレストランにワインの持ち込みがこの主宰者は出来なかったのではないかという疑問が生じます。

次に音楽、お医者さんが多いとならば「ミスティ」は無いと思うのですが・・・、ショパン24のプレリュードからだったならば、それなりに納得すると私なら考えます。

で、ワインに移りますとウェイティング・バーで頂くシャンパーニュからして成金趣味であります。ペリエ・ジュエという生産者、他と違ってプレミアム・シャンパーニュの生産比率が異様に高いところでありますがこちらをご覧下さい。恐ろしくお金のかかったHPであります。以前は日本オリヴィエという会社が輸入しておりましたが、現在日本では例の大手が握っていると思います。

やたらお高い透明ボトルではなかったことがせめてもの救いでしょうか。
▼続きを読む
| ワイン雑感 |
| 11:57 PM | comments (4) | trackback (x) |
コメント一覧
Georges |2009/04/12 11:49 PM |
ヤース |2009/04/12 03:20 PM |
Georges |2009/04/12 01:09 PM |
higemaster |2009/04/11 05:26 PM |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2009年04月10日
All Rights Reserved./Skin:oct