ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

第287回クードポールワインを楽しむ会
毎月第1木曜日の午後8時からに変更したワイン会です。来月でいよいよ24年目に突入する訳ですがお店の歴史が分かりますよね。田中氏は白馬村にあったプティ・ホテルベルプレの胡シェフの下へ弟子入りし、北新地のカンテラ、カハラなどで修行した後1984年にこのレストランを開店、現在もシェフとして君臨されておられます。

最近は先ずアミューズ・グールの3連発から始まりますが、筆頭は天然の鯛のカルパッチョ。塩とオリーヴオイルのみの味付けですが素材さえ良ければシンプル・イズ・ベストな訳です。

次はボイルした蛍烏賊とコンカッセに切った春野菜とのクスクス。

ヨコワと菜の花のアンチョビ・マヨネーズ和え。以上がアミューズです。

前菜一皿目の主役は実はホワイトアスパラガスなのですが、大きな蒸し鮑の下に隠れて殆ど見えませんね。エンドウ豆のピューレがソース代わりで生海胆も添えられます。
▼続きを読む
| クードポールワインを楽しむ会 |
| 11:55 PM | comments (2) | trackback (x) |
コメント一覧
Georges |2009/04/03 06:38 PM |
higemaster |2009/04/03 05:16 PM |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2009年04月02日
All Rights Reserved./Skin:oct