ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

Château Hanteillan 2005 AC Haut-Médoc Cru Bourgeois
ネットを見ると「シャトー・アンティヤン」との表記がありますが、どう考えても「アンテヤン」と発音した方が良さそうです。輸入元の資料を見ると次のように書いてあります。

アンティヤンはオー・メドック最大かつ最古のブドウ園の1つです。ヴェルティユの修道院らが1179年にブドウ栽培を行っていたことからもその古さがうかがえます。1973年、公共事業の事業家モーリス・マチューが購入。1984年からは、娘のカトリーヌ・ブラスコが管理しています。
主に粘土石灰質からなるこの土壌からは、果実味があり、常にバランスの取れたメドックらしいタイプのワインが出来上がります。価格も非常に抑えられていますので、非常にお買い得なワインと言えます。

オーナー : カトリーヌ・ブラスコ
セラー・マスター : Ms. Beatrice Friquet
コンサルタント : Mr. Couasnon
(メドック地区で有名なコンサルタントで、さまざまなシャトーのコンサルタントを務める)


オー・メドック最大かつ最古とのことですがこれは違うはず、大きさで云うとオー・メドックにはベイシュヴェル90ha、タルボ102ha、そしてサントリーが買収してますます巨大化しているラグランジュは113haもあり、アペラシオン・オー・メドックに限って申し上げてもシャトー・シトランは90haあり、アンテヤンの82haを上回る大きさであります。

オー・メドックの中にサンジュリアンなどのアペラシオンがあるので、輸入元として慎重に言葉を選ぶ必要があると思います。これを見た読者は何の疑いを持たずにオー・メドック最大かつ最古のシャトーと思いこむでしょうから。

最大とか最古などの表現を使わず「かなり規模の大きな」とか、「古い歴史を持つ」にとどめておくと誤解されないはずであります。
▼続きを読む
| ワイン日記::フランスワイン |
| 11:55 PM | comments (2) | trackback (x) |
コメント一覧
Georges |2009/04/03 06:33 PM |
higemaster |2009/04/02 05:07 PM |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2009年04月01日
All Rights Reserved./Skin:oct