ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

Paleo 2007 IGT Toscana Azienda Agricola Le Macchiole
レ・マッキオーレのパレオ・ビアンコの2007年ヴィンテージです。レ・マッキオーレのHPはこちら、イタリアの場合貴族主導の葡萄園が殆どですがここは普通の農家ですのでマスコミの扱いも冷淡そのもの。ですけどワインの質は前オーナーの時代からずっと保たれてきております。

輸入元のデータでは

トスカーナ I.G.T.
ブドウ品種 : ソーヴィニヨン・ブラン 60%、シャルドネ 40%
平均年間生産量 : 6,900本
醗酵 : オーク樽にてクリオ・マセラシオン後、主醗酵
    その後、オーク樽にてマロ・ラクティック醗酵
熟成 : オーク樽熟成9ヶ月
       (225L、フレンチオーク、新樽比率50%)

と書いてあります。生産者のHPではこちらになっていますのでほぼ間違いありません。

ですが「クリオ・マセラシオン」という言葉、聞いたことのあるような無いような気がします。クリオ・エクストラクションとは違うのでしょうか?

ネットで調べるとこちらに同じ言葉が使用されており説明もあります。「5度に温度管理されたステンタンクで6時間スキンコンタクトされる」とありますが、クリオ・エクストラクションは葡萄をそのまま凍らせて圧搾することですのでやはりそう言う言葉存在するのですね。

ちなみに似たような方法に「葡萄を破砕後、果汁と果皮・種を一定時間低温で接触させるマセラシオン・リミテ法」もあります。

ならば「クリオ・マセラシオン」と「マセラシオン・リミテ法」はどこがどのように違うのでしょうか?

醸造に関する言葉はいろいろな研究者がそれぞれ独自の言葉を使われるので、また海外の場合それを訳すときにも別の表現が用いられることもあるので注意が必要です。
▼続きを読む
| ワイン日記::イタリアワイン |
| 11:55 PM | comments (2) | trackback (x) |
コメント一覧
Georges |2009/04/01 05:01 PM |
higemaster |2009/04/01 04:30 PM |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2009年03月31日
All Rights Reserved./Skin:oct