ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

Château Falfas 2001 AC Côtes de Bourg
シャトー・ファルファの2001年です。このワインは1年5ヶ月前にこちらで紹介しましたが久しぶりに飲んでみたいと思います。前回ではまだ固いと表現しておりましたがどう変わっているのか楽しみであります。

シャトー・ファルファは先代のフランソワ・ブーシェ氏がビオ・ディナミを本格的に葡萄栽培に取り入れ、娘婿のアメリカ人ジョン・コックラン氏がそれを継承している訳なのですが、ビオ・ディナミと云えば先ずロワールのニコラ・ジョリーを取り上げられてしまうのはやはり昔から有名だからでしょうか。

ファルファは昔からそんなに価格の上昇はありませんがクーレ・ド・セランなどは馬鹿げた価格につり上がっています。私が敢えて有名ブランドを避ける理由がお分かり頂けるでしょうか。

どんな物でも同じでしょうけど品質の良い物が必ずしも売れるとは限りません。有名になりさえすれば、買う人は自然に増えていくのでしょう。

有名ブランド仕掛け人はそこら中に居て、次なるお宝ワインを狙っています。最近ではシャトー・ド・ヴァランドローがその典型でしたね。雑誌や評価本はその正しい評価などは書かずに高くなってしまったワインをさらに持ち上げようとします。ですけど本来大した実力もないのに価格だけが高くなったワインなど自然淘汰されて当たり前であり、品質と価格の乖離するワインなど今後は売れなくなると考えます。
▼続きを読む
| ワイン日記::フランスワイン |
| 11:55 PM | comments (2) | trackback (x) |
コメント一覧
Georges |2009/03/30 06:40 PM |
higemaster |2009/03/30 05:20 PM |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2009年03月28日
All Rights Reserved./Skin:oct