ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

Colonia Las Liebres Bonarda 2007 Mendoza Argentina
生産者はアルトス・ラス・オルミガス、ワインの名前はコロニア・ラス・リエブレスの葡萄品種がボナルダ、ヴィンテージ2007年の赤ワインで裏ラベルにはノン・フィルターと書いてます。

生産者のHPはこちら、またこのワインについての詳細はこちらをご覧頂ければお分かり頂けます。とても詳しく書いてありますが、生産者のHPはこうあって欲しいと思います。

輸入元の説明をご覧下さい。

近年、アルゼンチンでパーカーや『ワイン・スペクテイター』誌から高い評価を受け、世界の注目を集める生産者、それが「アルトス・ラス・オルミガス」。1995年、トスカーナの著名な醸造家アルベルト・アントニーニ氏(テスタマッタ)と若き実業家アントニオ・モレスカルキ氏がアルゼンチンを訪問、「メンドーサのマルベック」が持つポテンシャルに感銘を受けて設立したワイナリーです。
彼らに賛同したアッティリオ・パーリ氏(サルヴィオーニ)、マルク・デ・グラツィア氏、アントニオ・テルニ氏といったイタリア・ワイン界のスター達もプロジェクトに参加。アントニーニ氏とパーリ氏が醸造を担当し、品質価値の高いワインで評判を得ています。

1. 最近のアメリカ嗜好(甘ボテ)のワインに走る造り手とは異なり、伝統的な旧世界の品格に、アルゼンチンの日照量・高い標高を最大限に生かした果実味と、引き締まった酸のバランスが上手く融合されたワインを生産(決して流行に流されない)。この結果、ニューワールドであって旧世界の骨格を兼ね備える味わいが生まれました。キーワードは『新旧のバランス』。

2. 競争力のある価格設定、土地、人件費など投資費用が安価なアルゼンチンで、更に最新の醸造技術を導入することにより(バリックの代わりにオークの角材を使用)、イタリアでは不可能な価格設定が実現。高品質・低価格の秘密がここにあます。

3. イタリアの造り手によるワイン造りのため、旧世界の中でも特にイタリア色の強いワインとなる。しかも安い。

4. アルゼンチン国外の生産者として先駆者的存在。1995年にワイナリーを建設。オルミガスが最も早く、アルゼンチンのポテンシャルを世界に知らしめました。

5. ブドウの平均樹齢は30年ほど。古いもので80年のものもあり、非常にバランスの取れた高品質のブドウを産み出します。

6. 栽培品種はボナルダとマルベックのみ。多くの造り手が国際品種からのアメリカ嗜好のワイン造りで儲ける中、メンドーサのテロワールとブドウの持つキャラクターの繋がりが最も鮮明に現れる2品種のみに拘り、ワイン造りを行なっています。

| ワイン日記::その他ワイン |
| 11:55 PM | comments (2) | trackback (x) |
コメント一覧
Georges |2009/03/29 12:45 PM |
higemaster |2009/03/27 05:33 PM |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2009年03月25日
All Rights Reserved./Skin:oct