ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

ピーマン(靑椒)@JR西宮
JR西宮駅から歩いて5分もかからない便利な場所にあるのですが、一般にはあまり知られていないようであります。HPはこちら 、ワインがお好きなシェフとのことでワイン大学古株メンバー3人が集まりました。駅からは逆一方通行になるので車で行かれるのは少し遠回りしなければなりませんが歩いて行くなら問題ありません。駐車場はお店の横(北側)にありますし、一杯なら手前左側にコインパーキングもあります。

初めてなのでお任せにしました。

先ずは前菜の盛り合わせ。細長いお皿に6品盛り、1つ1つの量も結構あります。左からズワイガニとポテトサラダ、蛍烏賊のボイルと水菜、海月の酢の物に胡瓜。ポテサラ以外はMSGあまり感じません。

横長なので半分ずつご紹介しますが続いて豚足の煮凝り、蒸し鶏に白髪葱香菜添え、タスマニア産サーモンのしっとりスモーク。豚足のゼラチン質にさらにゼラチンで固めたのでしょうか? ちょっと固すぎ。蒸し鶏はサーモンは美味しく頂きました

魚は立派なキンキに生海胆のソース。魚の脂と海胆の濃厚さが見た目は綺麗なのですが味的にはミスマッチ。それぞれ別に食べた方が美味しいと思うのですけど。

いろいろな季節の野菜の蒸し物、黒豚の薄切り添え。蕪、筍、ズッキーニ、もやしのほか白舞茸、エリンギなどの茸を蒸して特製豆腐のソースで食べるのですが淡泊な素材に淡泊なソースでは味の纏まりがとれません

黒豚と野菜の炒め物ですが先程の蒸し物と素材がダブってしまいます。


▼続きを読む
| 食べ歩き |
| 11:55 PM | comments (2) | trackback (x) |
コメント一覧
Georges |2009/03/29 12:39 PM |
higemaster |2009/03/26 03:32 PM |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2009年03月24日
All Rights Reserved./Skin:oct