ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

九絵家@大阪市西区江戸堀
クエ料理専門店です。クエとは「九絵」と書きその説明からご主人の九絵に対する情熱が分かると思います。一種独特の雰囲気を持つご主人で、得意技は「駄洒落」。

一番お高いコース料理をお願いしましたが、テーブルには既に刺身の類が並べられてあります。「九絵専門店」のはずですが最初は鯛と鰤の刺身です。
で、注文もしないのにビールが何本か並べられます。飲み物も全てご主人のチョイスみたいですね。大根のケンは箕面の居酒屋と同じで板場の修行は必要ないとのお考えでしょうか、看板通りの「釣魚料理」みたいです。

ここからが九絵料理、胃袋と肝。

九絵子の薄造りはなかなか美味しい。

焼き九絵の粕掛け。粕は越乃寒梅の酒粕とか。ちょっと荒っぽいですが、私には唇のところが出てきたので有り難かったと思います。
▼続きを読む
| 食べ歩き |
| 11:35 PM | comments (2) | trackback (x) |
コメント一覧
Georges |2009/03/21 04:04 PM |
higemaster |2009/03/19 05:39 PM |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2009年03月18日
All Rights Reserved./Skin:oct