ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

Higueruela 2007 D.O.Almansa Coop.Sta.Quiteria
漫画に出てくるワイン、ところが最近はかのパーカー・ジュニア氏までが2002年ヴィンテージから評価していると聞きます。

私の知る限りこうした協同組合の造るワインなど何百、何千と有るわけでこの組合のものだけが取り沙汰されるのは如何なものかと思います。生産者価格というか蔵出しなら2.00から高くて2.50ユーロのこのワイン、スペイン全土を探せばもっとコスト・パフォーマンスの良いものが見つかるはずですけど・・・。

一時南仏でも流行りましたね、梟のオレンジ色ラベルのワインなど世間で騒がれる前は本当に安くて濃いワインでした。輸入していたのは確かマルカイさんだったはず。ところが騒がれ始めるとマルカイさんの手から離れサッ○ロが契約してしまいましたよね。

今の値段なら全く買う気がしませんけど、このワインも同じ道を辿るのでしょうか。

ボージョレ・ヌーヴォーも日本向きに商売を考えたのはG.デュブッフ氏と出水商事だったことを知る人は今では少なくなったでしょうか。ところがそれが一般に認知されるや否や輸入の権利を取ってしまったのは大手のあの会社。

DRCを日本全国のワイン愛好家に普及させたのは、高島屋勤務の故栗田氏の努力無しでは考えられません。このようにしてDRCを大事に扱ったのは高島屋、ところがバブルに乗じてその権利を独占してしまったのは同じくあの会社であります。

いいワインを見つけて大事に販売していても、いつ横取りされるか分からないのでインポーターは注意を怠ってはいけません。

と云うよりも同じワインばかり売り続けることは無理と云うことを知って頂きたい。

ワインは人が造るものであり、その生産者にはやはり旬があるのです。特にドメーヌの場合一生の内ワインに情熱を傾けられるのはせいぜい20年程ではないか!

過去の歴史を振り返ったらお分かり頂けるはずですが、旬を過ぎた生産者にいつまでもしがみついているのはみっともないと思います。

新しい生産者の中にはコンクールに出さないところも数多くありますし、地元のレストランに足を運べば見たこともないラベルの出会うこと必然であります。ワインのコンクールをハシゴするより地元の流行っているレストランを食べ歩く方が新しいワインの発見に繋がると考えますが如何でしょうか。

さてその漫画のおかげで売り切れ必至と云われるこのワイン、本当に美味しいのでしょうか、早速開けてみたいと思います。

▼続きを読む
| ワイン日記::スペインワイン |
| 11:55 PM | comments (4) | trackback (x) |
コメント一覧
Georges |2009/03/15 04:30 PM |
またはち |2009/03/15 11:53 AM |
Georges |2009/03/14 05:05 PM |
higemaster |2009/03/14 04:41 PM |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2009年03月13日
All Rights Reserved./Skin:oct