ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

京都某所に集まる^^!
京都某所、雑誌には絶対載らないお店に東京・京都・大阪・名古屋から9名が駆けつけ珍味中の珍味を頂きます。先ずは胡麻和え、一寸豆、鹿尾菜、特製の手作り蒟蒻、白木耳、松の実、うるい、菊菜などの野菜類の多い胡麻和え。

次は酢味噌和え、しめじ、黒海鼠のほかいろいろ入っています。

そして今日お集まり頂いたのはコレのためです。半生の黒海鼠の卵巣、普通一般に食べられている「バチ子」「くちこ」「このこ」とは材料的には同じですが風味が全然異なります。筆舌に尽くしがたい味香りとはまさにコレのこと。
知らなければどうってことはありませんが、知ってしまうと普通のバチ子の価値観が変わってしまうでしょうね。
もちろん不幸になってしまうこと間違いありません。

向こう付け代わりに登場は目の前で捌かれた巨大鮑と生海胆にあおり烏賊、鮑の肝がメインの塩辛が掛けられています。
肝は別に登場! この鮑の肝は淡路島や阿波の鮑の肝とは全くの別物、えげつなく美味!

次は「もろこの甘露煮」一度揚げてから煮てあるので頭から丸ごと食べられます。


▼続きを読む
| 食べ歩き::お気に入りの店 |
| 11:59 PM | comments (8) | trackback (x) |
コメント一覧
Georges |2009/03/14 06:09 PM |
uzumaki |2009/03/14 05:45 PM |
Georges |2009/03/14 05:08 PM |
higemaster |2009/03/14 04:51 PM |
Georges |2009/03/14 01:35 PM |
Forget |2009/03/14 12:22 AM |
Georges |2009/03/13 05:49 PM |
higgemaster |2009/03/13 04:24 PM |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2009年03月12日
All Rights Reserved./Skin:oct