ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

Tavel 2007 Château de Ségriès
シャトー・ド・セグリエスのタヴェル、ロゼ・ワインです。

このワイン、2004年ヴィンテージについて去年の五月に述べましたのでアペラシオン・タヴェルについてはこちらをご覧下さい。日本語のタヴェルの公式HPについても書いてます。

さてタヴェルのアペラシオンを名乗れる二つのコミューンですが「Tavel」と
「Roquemaure」の距離は10キロもありかなり離れています。グーグルアースでその位置関係をご覧頂くと良くお分かり頂けると思います。

で、INAOのHPからコミューン検索を使いこの二つのコミューンを調べてみるとワイン関連では「Tavel」はアペラシオン・タヴェルとアペラシオン・コート・デュ・ローヌ。ところが「Roquemaure」はこの二つの他にアペラシオン・リラックが含まれていることが分かります。

ならばリラックの範囲を調べてみましょう。

リラックは赤・ロゼ・白と3種のワインがありGard (30)県の : Lirac , Roquemaure , Saint-Geniès-de-Comolas , Saint-Laurent-des-Arbres の4つのコミューンに許可されるアペラシオンでした。

では「Roquemaure」で造られるロゼは双方のアペラシオンを名乗ることが可能なのでしょうか? 

リラック・ロゼに許可される葡萄品種は赤ワインと同じで
grenache noir (40% minimum), syrah et mourvèdre (ensemble 25% minimum), cinsaut, carignan (maximum 10%).

ですが次のところを見逃してはいけません。
Pour les rosés, les cépages blancs sont autorisés à hauteur de 20% maximum.

リラックのロゼに関しては20%以下の白品種を混ぜても良いことになってますね。タヴェルとの違いはclairette, picpoul, calitor, bourboulenc の4品種はダメと云うこと。ですけど混ぜて良いとされる白品種は実は沢山あります。

原本をコピーすると

Cépages principaux : clairette (B), grenache blanc, bourboulenc (B). Chacun de ces cépages est limité à 60 p.100 de l'encépagement.

Cépages secondaires : ugni blanc, picpoul (B), marsanne (B), roussanne (B), viognier. Ces cépages doivent représenter séparément au maximum 25 p.100 de l'encépagement et ensemble au maximum 30 p.100 de l'encépagement.

と云うことは唯一「calitor」が入ってはいけない、その代わりにユニ・ブランやマルサンヌ、ルーサンヌ、ヴィオニエなどは許可されるわけですね。

ややこしい!
▼続きを読む
| ワイン日記::フランスワイン |
| 11:38 PM | comments (1) | trackback (x) |
コメント一覧
higemaster |2009/03/05 04:38 PM |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2009年03月04日
All Rights Reserved./Skin:oct