ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

Baron de Brane 2005 AC Margaux
ボルドーの有名シャトーはよく所有者が替わりますが、ブラーヌ・カントナックは20世紀初めからリュルトン家の所有のままであります。

生産者のHPを見ると、そのセカンドワインがバロン・ド・ブラーヌ、ですが昔はこの名前ではなくシャトー・ノットンだったはずです。

現在シャトー・ノットンは別にあり、所謂サードワイン的な存在(同じ領地内ですが区画が異なるはずです)。

そしてその下に単に「マルゴー」というワインがありこれは若い樹から造られているとの説明があります。

畑の面積はトータルで94ヘクタールという広大なものですが私の知る限り5つのブロックに分かれていたはず、1970年代は確か80ヘクタール程度だったと思うのですが新たに増えた畑があり、どの部分でどのワインになるかの区別は無いみたいです。

94ヘクタールの葡萄畑ですが葡萄品種の割合はカベソー62.5%、メルロー33%、カベルネ・フラン4%に最後にご注目下さい、カルムネールが0.5%となってます。と云うことはカルムネールだけで47a植えられていることが分かりますね。

こちらをご覧になると詳細が分かるようになっておりヴィンテージ2005をクリックするとこちらの画面が開きます。

グラン・ヴァン(ブラーヌ・カントナックの2005年)はこちらをご覧下さい。両者を比較するとセパージュが違うのが分かりますね。

2005年のグラン・ヴァンはカベソー51%、メルロー43%、カベルネ・フランが6%ですが、セカンドワインはカベソー58%、メルロー42%でフランは混ぜられていないわけです。

これは品種別に醗酵され樽熟の後に味見して選別、混ぜられる樽の数から割り出したと考えられますね。

さて、カベソー、メルロー、フランにカルムネールと登場しましたが、これらの他にアペラシオン・マルゴーに許可される2つの品種は何だかご存知ですか?
▼続きを読む
| ワイン日記::フランスワイン |
| 11:55 PM | comments (2) | trackback (x) |
コメント一覧
Georges |2009/03/01 05:14 PM |
higemaster |2009/03/01 04:33 PM |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2009年02月27日
All Rights Reserved./Skin:oct