ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

Birillo 2006 IGT Maremma Toscana Tenuta Marsiliana
先ずは輸入元の説明を見ると次の通りです。

「何世紀もの間マレンマ地区は開拓不可能な湿地帯だと考えられてきました。しかし、ボルゲリサッシカイアの登場で、アンティノーリ、オルネッライア、そしてアンジェロ・ガイヤも参入し、土地の値段は高沸。いまや、イタリア一の激戦区と言えるでしょう。
コルシーニ家はこのマレンマ地区に2,500ヘクタールの土地を所有しています。それだけの土地があれば、莫大な面積のブドウ畑をもつことができます。しかし、オーナー、ドッチョ・コルシーニ氏はそのうち最良の条件をもつ18ヘクタールのみをプレミアムワイン用の畑とし、残りは野生の猪、鹿、鳥などの生息地、そして家族の憩いの場として残すことにしました。その最高の条件の畑でつくられるのが、『マルシリアーナ』。名匠カルロ・フェリーニ率いる精鋭醸造チームがこのテロワール独自の味わいをもつワインをつくるため、あらゆる葡萄品種の栽培、醸造研究を重ねながらつくりあげたワイン。
オーナー、ドッチョ皇子と、醸造チームが目指すのは単にワールドワイドクラスのワインをつくることではありません。このテヌータ・マルシリアーナの存在をワインを通して表現すること。それは、毎年変化してゆきます。ファースト・ヴィンテージの2000年は、『La Partenza 旅立ち』と名付けられ、ラベルのポートレイトは、コルシーニ家が代々受け継いできたものを使っています。まるでロイヤルコペンハーゲンのプレイトのように、何十年後も人々の心をかきたて、このマルシリアーナのストーリーを見守ってくれることでしょう」

とのことであります。

いつも申し上げるように輸入元の説明を鵜呑みにすることは危険であります。現在に於いては、必ずと言っていい程生産者は自分のHPを持っていますので検証してみる必要があると私は主張しています。

生産者のHPを開いてみましょう。こちらは英語版とイタリア語版の2つに分かれていますが詳細情報は必ず母国語版を見て頂きたいと思います。外国語版の更新は母国語版の後になるのが通例ですからね。

イタリアの貴族は凄いですね、HPを見ると実に広大な敷地を保有しています。その所有面積にご注目下さい。元々は何と8000haの広大な領地を保有していたのですがその内5000haを1954年に国家によって没収され現在は3000haの森林と150haの農園を保有と書いてありますね。輸入元の説明によるとかなりの面積を割愛しているようですが何か意味のある数値なのでしょうか?
▼続きを読む
| ワイン日記::イタリアワイン |
| 11:55 PM | comments (2) | trackback (x) |
コメント一覧
Georges |2009/02/23 06:18 PM |
higemaster |2009/02/23 05:12 PM |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2009年02月22日
All Rights Reserved./Skin:oct