ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

Château Petit Boyer 2005 AC Blaye
「リーズナブル・ボルドーを選ぶ」と題して並はずれの良い年2005年と普通の年2006年のワインから何本か飲んでみたいと思います。先ずは滅多にお目にかかれないアペラシオン「ブライ(ブラーユ)」から。Blaye関連のアペラシオンは殆どが「Premières Côtes de Blaye」であり、アペラシオン「Blaye」のワインは今まで殆ど造られておりませんでした。

先日お話しした「Néac」もそうですね、殆どのワインが「ラランド・ド・ポムロール」の原産地名で販売されます。ところがごく最近になって今までアペラシオン上では存在するものの実際使われることが殆ど無かった原産地名称が復活しつつあります。

例えばこちら をご覧下さい。コルトン・シャルルマーニュは有名なルイ・ジャドーですが、現在アペラシオン・ル・シャルルマーニュの白ワインも生産、販売しています。

このように今までは使われることが殆ど無かったアペラシオンが復活するのは喜ばしいことと私は考えます。

さて、このワインはこちらで2007年の12月に一度書きました。当時輸入元はアペラシオンを間違っていたのですが今は訂正されています。

こちらがINAOの指示通りのエチケット表記、アルコール度数が14.5%と非常に高いことが分かります。

普通はこちらのラベルが見えるはずです。左端に生産者のURL があります。
▼続きを読む
| ワイン日記::フランスワイン |
| 11:38 PM | comments (2) | trackback (x) |
コメント一覧
Georges |2009/01/31 04:22 PM |
higemaster |2009/01/31 03:33 PM |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2009年01月30日
All Rights Reserved./Skin:oct