ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

Beaujolais-Villages Nouveau 2006 Domaine Ruet
2年と少し前に空輸されたボージョレー・ヴィラージュ・ヌーヴォーです。痛んでいるかも知れないからと無料で頂戴しましたが「ノン・フィルター」とのことで澱があるかも知れないのでしばらく立てておきました。

キャップシールはくるくる回るのでまず安心ですがコルクを引き抜くと横漏れも全くなく健全そのものでコルクの変形も殆どありません。液体に触れた部分の色だけは最近のワインと比べかなり暗い紫色に染まっているのが古い証拠でしょうか。

香りは所謂ガメイ臭は消え、結構好ましい状態であるみたいです。

グラスに注ぐとやはり色の美しさはありません。赤紫色のまま立ち枯れして黒ずんだと云えばお分かり頂けるでしょうか? ですが濁りなど一切ありませんし、妙な匂いも出てきません。
▼続きを読む
| ワイン日記::フランスワイン |
| 11:58 PM | comments (2) | trackback (x) |
コメント一覧
Georges |2009/01/26 04:53 PM |
higemaster |2009/01/26 04:30 PM |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2009年01月24日
All Rights Reserved./Skin:oct