ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

Vin de Pays des Coteaux du Salagou Oeillade 2005 Mas des Chimères
ヴァン・ド・ペイ・デ・コトー・デュ・サラグーがワインの原産地を特定する名称、ワイン名がエヤード、製造するのがマス・デ・シメール、その代表者がギレム・ダルデ氏。ラベルには熟成と瓶詰めがこの農場で行ったことが示されています。

と云うことは葡萄栽培、醸造元は異なるのでしょうか?

アルコール度数は14パーセントと高く生産者は34800オクトンに本拠をおいていることがラベルに記されています。

ここまで書いたら思い出しました。2年以上前にこちらで最初にご紹介してました。その後こちらとか次の2006年ヴィンテージをこちらで紹介しております。

2006年の印象はかなり悪かったと書いてますね。

ワインの説明はそれらをご参考にお願い申し上げます。
▼続きを読む
| ワイン日記::フランスワイン |
| 11:50 PM | comments (1) | trackback (x) |
コメント一覧
higemaster |2009/01/15 04:35 PM |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2009年01月14日
All Rights Reserved./Skin:oct