ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

Champagne Beaumont des Crayères Grande Réserve Brut NV
シャンパーニュ・ボーモン・デ・クレイエール、グランド・レゼルヴのブリュット、ヴィンテージのないシャンパーニュであります。

評論家諸氏とは縁のない生産者ですが、私はどうして個人経営の小さな蔵しか評論家諸氏は近寄らないのか、また評価しないのか不思議に思う次第であります。

昔は個人の蔵など誰も近寄ることなどありませんでした。

何故でしょうか?

シャンパーニュはブランドビジネスであると云うことを以前申し上げましたが、ネゴシアン・マニピュランは来訪者を至れり尽くせりで歓待します。冬なら畑の見学こそ割愛されますが醸造所の見学の後試飲、そしてレセプションと称する豪華なディナーにご招待頂けるのであります。

ですが私の知る限り、行った限りについて申し上げればレコルタン・マニュピランでこういった接待は全くありません。

ライター諸氏は普通何も(接待の)ない生産者よりも手厚く歓迎され豪華なディナーに招待された生産者のことを美味しいと表現するはずであります。

テタンジェ社の場合葡萄畑の中に建っている豪華なゲストハウスに車で案内され、フルコースディナーにテタンジェ社の全てのアイテムが飲み放題。クリュッグの時は必ずと云ってよい程☆付きのレストランに案内されました。

バイヤー、またライター、酒販店並びに一般の旅行者に至るまで誰が訪問したところでこのような接待を受けたなら決して悪い気はしないはず。当然の如く評価の基準も甘くなるはずであります。

ですからお高いシャンパーニュにも拘わらず人気を保っていたと考えます。

ところが最近の傾向として評論家諸氏は大手ネゴシアン・マニピュランより小さい蔵、葡萄栽培兼醸造所であるレコルタン・マニュピランばかりを話題にします。

何故でしょうか?

理由として考えられる背景には次の事柄が関係していると思います。

先ずは、マスコミなどで希少性の高い商品ばかりが取り沙汰されその結果、客もそっちに目が向いてしまうという現在の状況であります。

美味しさは二の次として、今世間で騒がれているモノを飲んでみたいという人が多いということではないでしょうか。

次にその生産者を取り巻くブローカーがその価格をつり上げているからであると私は指摘したい。高ければ旨いと信じる人が世の中には5万と居られるわけです。

ワインと云ってもビジネスであることに変わりはありませんので「儲かる商品」にバイヤーが群がるのは仕方ありません。雑誌や評論家はこうした連中のやってることは見て見ぬふりをしているだけではないか!

今のシャンパーニュ・ビジネスは異常であります。
▼続きを読む
| ワイン日記::フランスワイン |
| 11:48 PM | comments (2) | trackback (x) |
コメント一覧
Georges |2009/01/10 10:22 PM |
higemaster |2009/01/10 05:19 PM |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2009年01月09日
All Rights Reserved./Skin:oct