ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

P.F Manchuela 2007 Bodegas y viñedos Ponce
拙ブログでこの生産者の別のワインを「これはしつこいワイン」と酷評してしまいましたがもう一種類残っておりました。ボトルはブルゴーニュタイプで縦長のピー・ドット・エフが目立つエチケットのこのワイン、生産者ではかなりハイクラスのワインのようです。

DOマンチュエラについては先ほどのページからリンクしていますのでご覧下さい。

「P.F」はスペインでは(言語により違うでしょうけど)「ペー・エフェ」と読むそうで何のことかと思ったら輸入元の説明の中に「フィロキセラに耐えた畑ピエ・フランコ(P.F.)のフィネス」という一文を見つけました。「畑の名前」の頭文字な訳ですね。

輸入元の説明では次の通り

2007ヴィンテージは良いヴィンテージでしか得られない酸とアルコール分のバランスの良さにより、エレガントで洗練された香りが素晴らしいと同時に、この畑の特徴でもある甘美なタンニンを持ち合わせている。

スペイン・マンチュエラD.O.
ブドウ品種 : ボバル100%
樹 齢 : 60~75年
土 壌 : 砂が混じった粘土質
栽培面積 : 2.3ha
収 量 : 14hl/ha
年間生産量 : 4,160本
醗酵 : オーク樽(5,000L)  
熟成 : オーク樽熟成10ヶ月 (300L、400L、新樽は使用せず)


生産者についての説明は

生産者:フアン・アントニオ・ポンセ

 実家は代々ブドウ栽培を営む。

まだ27歳の若さながら、あのテルモ・ロドリゲスの右腕として6年に渡り13地域に及ぶワインの栽培から瓶詰めまでの責任者を務めた実力派。

 2005年に独立、ブドウ栽培の師と仰ぐ父とともにワイナリーを立ち上げる。

 マンチュエラという土地を愛しそこに根付いたボバルという品種を知り尽くしているからこそ、テロワールを尊重したワイン造りに情熱を傾ける。


とのことであります。
▼続きを読む
| ワイン日記::スペインワイン |
| 11:38 PM | comments (2) | trackback (x) |
コメント一覧
Georges |2009/01/09 05:47 PM |
higemaster |2009/01/09 05:10 PM |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2009年01月07日
All Rights Reserved./Skin:oct