ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

一年の締めくくりに、フランスのアペラシオンを1から振り返ってみましょう。

アルファベット順に主だったアペラシオンの現在の状況について私なりに書いてみたいと思います。

まず最初にアルザス、INAOのHPで「Alsace」をアペラシオンで検索してみましょう。

アルザスと名の付く農産物が現れますが下記の内ワインに関するものは太字のものだけ

AOC - VQPRD --ALSACE
AOC - VQPRD --ALSACE GRAND CRU
AOC - VQPRD --CREMANT D'ALSACE

LR - IGP --Crème fraîche fluide d'Alsace
AOR --MARC D'ALSACE GEWURZTRAMINER
LR - IGP --Miel d'Alsace
LR - IGP --Pâtes d'Alsace
LR - IGP --Volailles d’Alsace

で、次に一番上の「ALSACE」をクリックすると、おやおやこんな表示が現れます。

--ALSACE
   --ALSACE
   --ALSACE KLEVENER DE HEILIGENSTEIN

アルザス・クレヴネール・ド・エリゲンシュタイン? こんなの昔おまへんどした。

しばらく見ない間に法律が変わったのでしょうか?
▼続きを読む
| ワイン日記 |
| 11:48 PM | comments (1) | trackback (x) |
コメント一覧
higemaster |2008/12/29 06:05 PM |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2008年12月28日
All Rights Reserved./Skin:oct