ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

京都某所で密やかに^^!
クリスマスに、とくにイヴにフレンチやイタリアンには行かなくなりました。どこもかしこも似たようなメニューばかりで食指が動きません。ですが唯一行きたいと思ったメニューがあります。それはこちら、お値段が安いのにメニューの構成が素晴らしいではありませんか。ですが若いカップルの予約が一杯のはずなのでオッサンは場違いでしょうから遠慮しました。
そこでワイン大学メンバーのお一人と訪れたのがこちらのお店。カウンターには宮川町の綺麗所がいっぱい座っておられ、春が来たような華やかな雰囲気が漂っています。さすがは京都の隠れ家、祇園言葉もごちそうの一つ、若い舞妓さんと隣り合わせに食事できるとはまことに幸せなイヴとなりました。

先ずはコッペ蟹、ビッグサイズゆえこれ一つで結構お腹がふくれます。

次はゴマ和え。菊花が彩りよくこんにゃくがメチャ旨、色々食べ歩いてきた人達が集まる理由がこの一皿で分かります。

自家製の唐墨、添えられる大根の甘いこと!

聖護院大根の煮物(冷製)に鮟鱇の肝。もちろんただの肝ではございません。

次は蓋付きの器で登場のイカウニ^^! アオリイカが中に隠れていますがこの緑色のソースが驚きの味なのです。
▼続きを読む
| 食べ歩き::お気に入りの店 |
| 11:38 PM | comments (2) | trackback (x) |
コメント一覧
Georges |2008/12/25 04:54 PM |
higemaster |2008/12/25 03:23 PM |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2008年12月24日
All Rights Reserved./Skin:oct