ワインとピアノのある部屋

八戸ノ里南を西へ入った自転車店のつぶやき

Sancerre Lachaume 2007 Domaine Michel Thomas
サンセール・ブラン2007年ローラン&ミッシェル・トマのワインです。

敢えてアップでは撮りませんでしたがキャップシールのトップには無造作に開けられた3つの孔があります。

コルクは何の処理も施されていない天然物、こういった白いコルクに限ってブショネが多いというのが私の感想でありますが今日のは大丈夫でした。

シレックスとは開けた時点で香りが異なりますが例年よりも残留亜硫酸レベルが高いのでしょうか、香りは閉じ気味であります。

グラスに注ぐとやはりかなりの気泡が生じ色は至って薄い目、シレックスと比べると青い成分は少なめで薄い黄色と云ったところです。

口に含むと刺激的な酸が強すぎます、しばらくセラーに寝かせて落ち着くのを待った方が良さそうです。
▼続きを読む
| ワイン日記::フランスワイン |
| 11:46 PM | comments (2) | trackback (x) |
コメント一覧
Georges |2008/12/22 05:50 PM |
higemaster |2008/12/22 05:24 PM |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインとピアノのある部屋::2008年12月21日
All Rights Reserved./Skin:oct