ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

第110回英ちゃん冨久鮓で味わう究極の会
英ちゃん会の12月は毎年恒例の天然河豚づくしです。

先ずは先付け、河豚の肝は御禁制ですので鮟鱇の肝。

続いて梅? 梅酒の梅の赤ワイン漬け。

こちらは遠江(とおとうみ)、身皮と鬼皮の間の皮膜ですが小さな河豚だと捌きにくい部位です。焼いて酢橘を絞り頂きますが歯の悪い人は食べにくいかも知れません。「天然河豚の旨さは皮にあり」、身皮は湯引きに遠江は焼いて食べるのが私は好みです。

てっさ、天然河豚は身の色からして違います。

白子は塩焼きと醤油焼きのコンビで登場。
▼続きを読む
| 英ちゃん冨久鮓で味わう究極の会 |
| 11:51 PM | comments (2) | trackback (x) |
コメント一覧
Georges |2008/12/21 05:52 PM |
higemaster |2008/12/21 04:55 PM |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2008年12月20日
All Rights Reserved./Skin:oct