ワインとピアノのある部屋

八戸ノ里南を西へ入った自転車店のつぶやき

Montlouis sur Loire Brut Méthode Traditionnelle François Chidaine
モンルイ・シュル・ロワール・ブリュット・メトード・トラディショネル「伝統的製法によるブリュット」はこちらのHPによると葡萄の持つ糖分だけで二次醗酵させるのが製法であり、一切の補糖及び酵母の添加はないとのことであります。また使われる葡萄はチデーヌの全ての畑の樹齢の若い樹になった葡萄を使われるとのこと

ここでINAOのHPからMontlouis sur Loire を調べてみましょう。モンルイ・シュル・ロワールは3つに分けられてます。スティル・ワインは何も付かないモンルイ・シュル・ロワール、泡物は高圧のモンルイ・シュル・ロワール・ムスー、そして低圧のモンルイ・シュル・ロワール・ペティヤン。ところがラベルを見るとこのワインのアペラシオンは単なるモンルイ・シュル・ロワールとしか印字されていません。田舎なのでINAOの目が届いていないのでしょうか。念のためこちらをご覧下さい、モンルイ・シュル・ロワール 、モンルイ・シュル・ロワール・ムスーモンルイ・シュル・ロワール・ペティヤン 。

アペラシオンの規定通りにラベルに記載がないのはロワールには当たり前みたいなことなのでしょうか。




▼続きを読む
| ワイン日記::フランスワイン |
| 11:38 PM | comments (3) | trackback (x) |
コメント一覧
higemaster |2008/12/18 05:22 PM |
Georges |2008/12/17 10:58 PM |
higemaster |2008/12/17 06:53 PM |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインとピアノのある部屋::2008年12月16日
All Rights Reserved./Skin:oct