ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

クードポール第283回ワインを楽しむ会

年末の忘年会、先ずは23年続くクードポールさんのワイン会です。最近の田中シェフ、アミューズが3種類となり別々のお皿で登場します。スタートは先月同様気仙沼産の牡蠣ですが今日のは火を入れ海水ジュレとトマトのピュレが添えられます。牡蠣の身は食べやすいようにカットされているのが有難い。

次はヨコワというかヒッサゲと呼ばれる大きさの黒鮪のカルパッチョ。でもカルパッチョと云うよりもかなり分厚い身をマリネしてあります。

3皿目はカワハギの肝をフランに仕立てたもの。これら3種類は全てアミューズグールです。西区の公園のそばのフレンチなどと比べたら比較にならない程豪華絢爛であります。

前菜の一皿目は「香箱蟹のサラダ」、香箱は京都なら「コッペ」、大阪なら「勢子」、我ら河内のオッサンは「セコガニ」と呼んでいる正式名称ズワイガニの雌です。内子も充実しており旨い!

二皿目の前菜は「フォワグラのキャベツ包み」赤ワインのソース。コート・デュ・ローヌがよく合います。
▼続きを読む
| クードポールワインを楽しむ会 |
| 11:38 PM | comments (2) | trackback (x) |
コメント一覧
Georges |2008/12/13 05:47 PM |
higemaster |2008/12/13 04:53 PM |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2008年12月11日
All Rights Reserved./Skin:oct