ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

Château Beaumont 2005 Haut-Médoc Cru Bourgeois Supérieur
アペラシオンの規定から申し上げると裏ラベルが正式なエチケットとなりますがそれを見ると、シャトーの所在地については「ポーイヤックとマルゴーの中間にある」と云う表現を用いております。なるほどその通りなのですけどシャトーの経営者たる者、キュサック・フォール・メドックというコミューンの名前に誇りを持って臨んで頂きたいと思います。

シャトーのサイトはこちらですが現在制作中とのこと。

去年は見ることが出来たのですがね・・・。

このワインについては去年の12月こちらでご紹介申し上げ「ガッカリした」ことを申し上げましたがリリース直後とセラーに1年置いた今回とどのように変化しているのでしょうか?
▼続きを読む
| ワイン日記::フランスワイン |
| 11:38 PM | comments (2) | trackback (x) |
コメント一覧
Georges |2008/12/10 06:01 PM |
higemaster |2008/12/10 05:13 PM |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2008年12月09日
All Rights Reserved./Skin:oct