ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

Château Griffe de Cap d'Or 1999 AC Saint-Georges Saint-Émilion
セラーの中を整理していたらまだ1本残ってました! 昔あのチュヌヴァンのオッサンが現れたあと、次々と雨後のタケノコのように出てきては騒がれたワインの1つであります。ですが2年程前に残っていた1本を開けたときの感想がこちらで、そう長くは保たなかったことをお知らせしました。
これがその最後の最後の1本、また見つかったので取り敢えず開けてみたのでレポートします。

キャップシールはトップに孔無しの錫箔、コルクの状態もご覧の通り悪くはありません。

コルクを抜いたとき少し焦げ臭さが感じられたものの「酢」にはなっていないようです。外観から澱が見えたのでデカンタします。
デカンタと云っても空き瓶に移し替えるだけ、下に白い紙でも置けばロウソクなど使わなくても澱は目で見られます。

澱との分離が主な目的なのですから高価なデカンタやカラフなどは不要、昨日飲んだワインの空き瓶で十分事足ります。手先がふらつくようなら漏斗など使っても良いのでは!

澱の部分は50ccほど、まあまあうまくデカンタは出来ましたがグラスに注ぐと既に色はガーネット、それもかなり茶色味を帯びた安物のガーネットであり10年保たずに御陀仏寸前であります。
酸や渋みは収束するものの樽を焦がした結果でしょうか、苦みは依然として残っており味わいは全く平板と云うか凡庸、メルローの旨味など殆ど感じることはありません。
澱の部分は残し何とか飲み切れたのが不思議な位であります。比内地鶏の腿をソテーして茸のクリームソースで頂きますが茸との相性は良さそうだったのがせめてもの救いでしょうか。

いつの時代に於いてもフランスの専門誌、あるいはアメリカのワイン専門誌が絶賛しようが10年もたたない内にこのような結末を迎えるワインは今までどれだけあったことでしょう。雑誌の評価を鵜呑みにするのは消費者よりもバイヤーであることが多いと云うことを知って頂きたいと思います。

所詮は分からないから他人の意見を採り入れてしまうだけのお話であります。「世間で騒がれそうだから取り敢えず今の内に買っておこう」ってな理由でバンバン買ってしまうバイヤーがとても多い。それは最近のビオ・ワインが全てそんな感じで買われているからボチボチ気が付いている人も居られるはず。旨いか不味いか分からない、保つか保たないかも分からないお気の毒なバイヤーを雇っているのが某国ワイン業界の実態であります。

▼続きを読む
| ワイン日記::フランスワイン |
| 11:38 PM | comments (1) | trackback (x) |
コメント一覧
higemaster |2008/12/03 05:01 PM |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2008年12月02日
All Rights Reserved./Skin:oct