ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

Valdivieso Rapel Valley Reserva Merlot 2007
アメブロ「ワインの裏側表側」では別のことを書いております。ご興味ある方はこちらをご覧下さい。
さて毎度同じラベルで「またか!」と叱られそうですが、今日は2007年のレゼルヴァのメルローであります。この生産者は2007年ヴィンテージからスクリュー・キャップになったのかと思ったら今日のはご覧の通りのコルク栓であります。キャップシールのトップには被せられてから開けられたと思われる二つの孔があります。

ピノ・ノワールは私の好みではありませんでしたがメルローはどうなのでしょうか、早速グラスに注いでみたいと思います。

オヤッと思ったのは意外にも透明感のある色合い、変な泡立ちもなくグラスに注がれたワインは紫色の成分が強い赤紫色を呈しています。もっと濃い色を想像したのですが拍子抜けであります。香りはと申し上げると残念ながら「チリ」の匂いが染みついてますね。フランスやイタリアのメルローではなく別物メルローは明らか! ですがそんなに変な匂いを発する訳ではありません。上質の樽と比較的若い樹を想像しますがもちろん現場を訪れたことはありません。

味わいは先ず酸が穏やかであると云うことで既に十分飲み頃であると申し上げて良いでしょう。甘酸のバランスが取れており何と云っても透明感のある赤紫色が印象的! 赤ワインの苦手な人なら受け入れやすいのではないでしょうか。

逆にフランスの高級ワインを飲み慣れている人には物足らないはずであります。

価格と品質の点を考慮すると少し高いと感じます。チリのメルローならもっとお安い価格帯で同程度のワインは存在するはずです。今の相場は知りませんが現地価格で$3.00も出せば買える代物のはず。適正利潤で定価を付けても¥1,500が妥当ではないでしょうか。
| ワイン日記::その他ワイン |
| 11:38 PM | comments (2) | trackback (x) |
コメント一覧
Georges |2008/12/02 05:51 PM |
higemaster |2008/12/02 04:36 PM |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2008年12月01日
All Rights Reserved./Skin:oct