ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

Valdivieso Syrah Reserva 2006
先ずは生産者のHPをご覧下さい。 
英語とスペイン語の2カ国語の表示切り替えできるようになっています。ですが表示される画面が小さく文字もそれなりの大きさなので我々オッサン世代の人間には文字を追うのに疲れます。で、ワインの詳細はあまり親切には表示されていません。ダウンロードのところではユーザー名とパスワードが必要になり一般には公開していないのでしょうね。

仕方なく輸入元のコメント並びにデータをコピーします。

カシスや赤系果実の完熟アロマにメンソールのヒントとオークからくるスパイス香が綺麗に溶け合っている。奥深い香としっかりとした骨格。
■ セントラル・ヴァレー D.O.
■ ブドウ品種 : カベルネ・ソーヴィニヨン 100%
■ 年間生産量: 240,000本
■ 熟成 : 70%フレンチバリック、30%アメリカンバリックにて
       12ヶ月熟成 (新樽比率 30%。225L)


ワインの香りについての表現ですが先ずメンソールが私には理解できない。オークからくるスパイス香は判らない訳ではありませんが、それより私が申し上げたいのはシラー特有の香りが感じられないことであります
葡萄品種別に造っているワインなのですからシラーの香りが顕著であって然るべき、それが感じられないのですから私ならパスしたいところであります。税別で¥2,000 と云う価格ですからラングドックなどでもっとシラーらしい特徴を備えたワインがあるはず。

この生産者は輸入元も書いている通りスパークリングワインの専門だったはず。大阪弁の私なりの表現ですと「泡屋」なのですから当然得意とするのは(泡物の)ベースとなる白ワインのはず。従ってこの生産者は「白屋」と云う結論に至ります。

私の定説「白屋の造る赤ワインは不味い」が当て嵌まるのではないか?

どういう契約か知りませんがチリの泡物買いたいのなら、泡と白だけで良かったはず。付き合いで買わされたのかも知れませんがハッキリ申し上げてシラーという名前を付けるのであれば「良いワイン」ではありません。価格的にもかなり割高であり私なら3ドル50セントが支払いの限度額であります。
| ワイン日記::その他ワイン |
| 11:38 PM | comments (0) | trackback (x) |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2008年10月31日
All Rights Reserved./Skin:oct