ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

私房菜K飯店
飲んだワインは拙ブログ(アメブロの方)「ワインの裏側表側」にて公開しております。恐れ入りますがこちらをご覧下さいませ。ここK飯店は残念ながらレストラン営業はしていません。お仕事はカメラ関係なのですがお料理の腕はまさにプロ並みであります。夜明け前から中央市場に買い出しに出掛けられ本日の私房菜の開催に備えたと云うことです。

先ずはシラサ海老の蒸し物。中国料理「麒麟」でお馴染みの料理ですが、それに勝るとも劣らない立派な出来栄えです。香味醤油に香菜、白髪葱で頂きます。

次は白菜と花山椒の炒め物。ピリ辛さが私には丁度良い感じです。

次に皮蛋が2種類です。先ずはじめは普通の玉子で作られたもの、濃厚な味わいでメチャ旨!

こちらは何と烏骨鶏の玉子で作られたもの。白身の部分の色が違いますね、比較するとかなりアッサリとした味に仕上がりお上品どす。

鶏肉の黒豆炒め。

▼続きを読む
| 食べ歩き |
| 11:38 PM | comments (0) | trackback (x) |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2008年10月30日
All Rights Reserved./Skin:oct