ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

神戸鷹取「けいしゅう」
今日は東京・名古屋という遠方からの客人を交え8人での研究会となりました。上には上があることを知らなくても生活は出来ますが、知ってしまうと老後の人生が楽しくなるのが食べ歩きの面白味ではないでしょうか。虱潰しのように店を食べ歩くことは若い人なら宜しいでしょうけど我々オッサンの世代では「時間の無駄」としか思われません。探せばあるのが飛び切り旨い店、それを紹介してくれる確かな舌の持ち主と交友を深めたいと思います。

先ずは牛タン、もちろん刺身で頂けるのですがサッと炙るのもまた非常に旨いのです。

牛肉のお供はナムルと韓国風の漬け物がいろいろ。

野菜の大きさから肉の凄さがお分かりと思いますが如何でしょうか? 部位はリブロースとサーロインのほぼ境目です。

▼続きを読む
| 特選素材 和牛研究会 |
| 11:46 PM | comments (0) | trackback (x) |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2008年10月20日
All Rights Reserved./Skin:oct