ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

Gevrey-Chambertin Vieilles Vignes 2005 Maison Jean-Philippe Marchand
gevchamこのワインについては以前こちらで申し上げましたが、同じ物をもう一本買っていたようです。知らず知らず同一物を買ってしまうのは老人性惚けが始まったのかも知れません。写真を注意してご覧下さい、キャップシールの孔の開け方ですがこれは明らかにキャップシールを被せた後に上から押し開けた孔であることが分かります。

さてINAOのHPで Gevrey-Chambertin をコミューン名検索でアペラシオンの範囲について調べてみますと

AOC - VQPRD --Bourgogne
AOC - VQPRD --BOURGOGNE ALIGOTE
AOC - VQPRD --BOURGOGNE GRAND ORDINAIRE
AOC - VQPRD --BOURGOGNE GRAND ORDINAIRE ROSE
AOC - VQPRD --BOURGOGNE MOUSSEUX
AOC - VQPRD --BOURGOGNE PASSE-TOUT-GRAINS
AOC - VQPRD --BOURGOGNE ROSE
AOC - VQPRD --CHAMBERTIN
AOC - VQPRD --CHAMBERTIN-CLOS-DE-BEZE
AOC - VQPRD --CHAPELLE-CHAMBERTIN
AOC - VQPRD --CHARMES-CHAMBERTIN
AOC - VQPRD --CREMANT DE BOURGOGNE
IGP --Emmental français Est-Central
AOC - AOP --Epoisses
AOC - VQPRD --GEVREY-CHAMBERTIN
AOC - VQPRD --GRIOTTE-CHAMBERTIN
AOC - VQPRD --LATRICIERES-CHAMBERTIN
AOC - VQPRD --MAZIS-CHAMBERTIN
AOC - VQPRD --MAZOYERES-CHAMBERTIN
AOC - VQPRD --RUCHOTTES-CHAMBERTIN
LR - IGP --Volailles de Bourgogne

と沢山現れます。この結果はジュヴレ・シャンベルタンのコミューンの中のどこか(コミューン全体ではありません)で生産できるもの全てが含まれるわけですが、その内法律でその名を語ることが許されているもののリストであるとお考え頂けたらよいと思います。

ワイン関係とチーズそして鶏についての記載がありますが、有名な「ラミー・デュ・シャンベルタン」というチーズがありませんね。そうなのです有名なチーズですがこれは商標チーズで産地の名前とかではありません。

したがってAOCもないIGPにも当て嵌まらないチーズであり本来はエポワスに分類されるものであります。




▼続きを読む
| ワイン日記::フランスワイン |
| 11:36 PM | comments (0) | trackback (x) |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2008年09月21日
All Rights Reserved./Skin:oct