ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

Central Valley Chardonnay 2008 Valdi Vieso Chile
先ずはじめにお詫び申し上げます。せっかくご投稿頂いた皆様、今まで気付かずまことに申し訳ございませんでした。コメント頂戴した時点で一旦保留となり小生にメールが届く設定になっていたはずでしたが、今まで何のメールも届きませんでした、ブログ管理者として恥ずかしい限りでございます。
今後は毎日欠かさずチェックさせて頂きますのでこれに懲りずにご投稿頂ければ有難いと思います。何卒よろしくお願い申し上げます。

さて私事で恐縮ですが19日午前2時過ぎ腹部というか腰の裏側付近に激痛が走り、救急車を呼ぶ騒ぎになってしまいました。今までに経験のない酷い痛みであります。高校生の頃から親しい救命救急の専門医に電話したのですがもちろん夜中なので留守電。で、駆けつけてくれた救急隊員の一人が何とその専門医の教え子と云うことが判り話は早くまとまりました。持つべきは強い味方と云うことでしょうか、本当に助かりました。

担ぎ込まれた市立病院でも手際よく診察して頂き、後の泌尿器科受診で「尿管結石」が判明、悪い病気ではなかったようでホッと一安心しております。

ところでこのワイン、前評判は高かったものの病み上がりの体はどうやら拒否反応を示します。2008年のヌーヴォーとして派手に宣伝すればいいのにボージョレ・プリムールに遠慮しているのでしょうか、輸入元の宣伝は今ひとつ盛り上がりませんね。

体調が元通りに戻ってからもう一度改めて飲んでみようと思います。
| ワイン日記::その他ワイン |
| 11:41 PM | comments (0) | trackback (x) |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2008年09月19日
All Rights Reserved./Skin:oct