ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

第15回直心の会
台風の影響で魚の入荷が少ない中何とか開催に漕ぎ着けました。

先ずは青森産の白魚です。刻み茗荷とポン酢に振り柚子。

次に栗煎餅は栗の薄切りを素揚げしたものでもちろん目の前で揚げられます。

剣先烏賊は生で下足、耳も一緒に。柑橘類はシークワーサー。

先付けの最後は蒸し穴子。炙ったものと2種類はチリ酢で食べます。

お椀は鱧の葛たたきに北朝鮮産の松茸。

お造りはいつものことですが2種類。淡路は岩屋の天然鯛に同じく由良の生海胆、海胆巻きにしても旨い。

もう一種類は小鰤と書いて「つばす」、こちらは山葵醤油で頂きます。

凌ぎは特製鯖すし。

焼き物は赤甘鯛の塩焼き。

お料理はまだまだ続きます。

▼続きを読む
| 食べ歩き::直心の会 |
| 11:54 PM | comments (0) | trackback (x) |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2008年09月18日
All Rights Reserved./Skin:oct