ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

Nero d'Avola 2007 igt Sicilia Cantine Colosi
colosiラベルはとても美しい! 朝顔の類でしょうか、花は確かにそんな感じですが葉の形は変ですね。シチリアなのにかなりラベルにお金がかかっているみたいです。

裏ラベルに明記してますが生産者のHPはこちらをご覧下さい。裏ラベルによるとアルコール度数は14%、また下の方に印字されているのは「L.161.08」、普通可能性のあるのは2008年1月16日瓶詰めということでしょうか。

さてワインとは関係ない話題です。

大阪堺市に古くから続いていると云われている和菓子屋さんが何軒かありますがその内の一軒、緑色の餡にくるんだ白玉みたいな餅について一言。かなり前の昭和の時代から食べてきましたが今から10年ほど前急に味が変わりました。我がワイン大学メンバーのお一人はすぐ近くの有名な神社にお住まいの方ですが、この人も同じご感想で以降買わなくなりました。

有名なお菓子でもある日突然不味くなることが往々にしてあります。

例えば琵琶湖から阪急百貨店に支店を出したあの白と紫色の手提げ袋のメーカー。

しかしいまだに売れ続けています。「美味しい」よりも「有名な」お菓子を好まれると云うことでしょうか。

私は本当に美味しい物ってそんなに大量生産は出来ないと考えます。ワインも同じであることはいつも申し上げておりますけど・・・・。

堺のお店に何が起こったのかご存知の方居られましたら何卒ご教示の程お願いしたいと思います。

▼続きを読む
| ワイン日記::イタリアワイン |
| 11:06 PM | comments (0) | trackback (x) |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2008年09月15日
All Rights Reserved./Skin:oct