ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

Château Fourcas Dupré 2003 AC Listrac-Médoc
このワインは以前こちらでご紹介申し上げましたが肝心のワインについての飲んだ感想は書いておりませんでした。セラーを探したらもう一本出てきたので改めて飲んでみたいと思います。以前のレポートは私なりの「ソムリエの仕事」について書いてますのでよろしければご覧下さい。

先ずは写真右手のキャップシール、これはフランス国内流通税を納税したワインに使用される物でトップの孔が三つ一列に並んでいるのが面白い。コルクは天然物の長さ49ミリ、最近はHPのURLを印字しているところが目立つようになりました。

コルクを抜くとワインと云うよりポルトのような香りが漂います。かなり甘い香りであります。
ブラインドでテイスティングしたらメドックのそれと分かる人は殆どいないはずです。

色はコルクに付着している黒紫色とちょっと違い紫色に茶色を混ぜている感じで所謂赤い色の成分が少ないように思います。口に含むととにかく甘い、ポルト酒並みとは申し上げませんが酸は殆ど感じずタンニンはすでに丸く変化しているようです。

アンバランスと云うかすでに飲み頃を過ぎたようなそういったワイン、やはり2003年のメドックは成功した例が少ないという見本なのでしょうか。

ですが一味唐辛子を効かせたきんぴらゴボウにはとても良く合い、また自家製のカレーとも良く合います。

甘辛い例えばタイ料理などにはピッタリではないでしょうか。

合わせるものさえ間違わなければ今すぐ飲んで美味しいかも知れません。
▼続きを読む
| ワイン日記 |
| 11:30 PM | comments (0) | trackback (x) |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2008年09月14日
All Rights Reserved./Skin:oct