ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

第107回英ちゃん冨久鮓で味わう究極の会
本日は久しぶりに香港から駆けつけて頂いたW女史を含み6名での開催と相成りました。少人数の方が会話は弾むみたいですね。
先付けは「胡麻豆腐」ですが写真は大失敗。液晶画面がワンタッチで6インチほどに大きくなるようなデジカメ、あったらいいなと思うのですがどこかのメーカーさん造ってくれませんかね。

口取りは5種盛りで左上から時計回りに「丹波篠山黒豆の枝豆、もろみ豆腐、梅酒の梅、万願寺唐辛子は生(中に味噌入り)」、中央はフォワグラ。

向こう付けは「戻り鰹、皮の塩焼き、生姜醤油」、鰹の質は天下一品です。

煮物は鹿児島でこの時期採れるという「緑筍」と若布、柔らかく香り高い筍に一同ビックリ。

本日のサブメインは天然の河豚を焼いて貰いました。まだ形は小さいですけどこれから涼しくなるとやはり欲しくなるのは河豚でしょうね。

▼続きを読む
| 英ちゃん冨久鮓で味わう究極の会 |
| 11:35 PM | comments (0) | trackback (x) |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2008年09月13日
All Rights Reserved./Skin:oct