ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

Chardonnay 2007 Primis
chardnnayイタリアはプーリア州の白ワインで品種は100%シャルドネとのことです。イタリアにはあまり関心ありませんので輸入元の説明をコピーさせて頂きます。
「北プーリア、フォッジャ県のストルナーラとストルナレッラにまたがるワイナリー。オーナーはジャンニ・マウリエッロとニコラ・セラーノの2名で、2003年に設立されました。
まだ20代のジャンニとニコラは、幼少の頃から友達で同じ学校に通い、そして自分達が生まれ育ったこの地で、『最高のワインを造る』という夢を共有していました。
お互いの家族から引き継いだ畑は現在22haで、ニコラが管理。そして醸造学校を卒業し、最新の醸造知識を備えたジャンニが醸造を担当。将来が楽しみなワイナリーです」
とのことです。

双方のご両親が余程のお金持ちなのでしょうか?

恐らくヴィニタリーに出品していたのでしょうけど新進気鋭の頃は結構原価を無視して頑張るところが多いので期待できるかも知れません。

ですけど税別小売価格は ¥2,400 とそんなにお安くはありません。逆算すると最も高いレートでユーロを掴まされた結果ではないかと疑いたくなる価格設定であります。
先日も申し上げましたがこのところ急激にユーロ安傾向にあります。ワインの輸入は為替の読みを誤ると大変なことになってしまいますので怖いというのが実情です。いくら美味しいワインを知っていても為替相場に疎いと売れないワインを掴んでしまうことにもなりかねません。
▼続きを読む
| ワイン日記::イタリアワイン |
| 11:39 PM | comments (0) | trackback (x) |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2008年09月09日
All Rights Reserved./Skin:oct