ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

Petit Chablis 2006 La Chablisienne
ラベルには面白い表現がありますが協同組合ラ・シャブリジェンヌの最もお安いワイン、プティ・シャブリの2006年、どんなものか早速開けてみたいと思います。

しかしその前にネットでどんなことが書いてあるか調べてみると随分酷いモノばかりが目立ちます。「昔はシャブリ地区以外だった・・・」とか「プチ・シャブリというのもわかりにくい存在だ。<中略>その松林を抜けたところにさらにブドウ畑が広がっていた。林に囲まれて、風は吹かず、日当たりも恵まれていない平地だ。そこがプチ・シャブリだった」などプティ・シャブリの畑が何処であるか知らない人が多いことに驚きます。シャブリ、シャブリ・プルミエ・クリュ、シャブリ・グラン・クリュ、そしてこのプティ・シャブリの畑はお互い隣り合わせであったり、かなり入り組んでいる現状をご覧下さい。尚生産者のHPはこちらをどうぞ。

こちらがシャブリの全図であります。グラン・クリュのすぐ北側に隣接する畑もプティ・シャブリ、シャブリの各コミューンの殆どにプティ・シャブリは点在することを認識して頂きたいと思います。ではどうしてこんな風に線引きされているのでしょうか? それは微妙に違う石灰岩質の含有量と考えて頂ければご理解しやすいかと思います。

この地で植えられるボーノワという葡萄品種(シャルドネ種を現地ではこう呼びます)は石灰岩質土壌を好むわけで、その比率の高いキンメリジャン土壌がグラン・クリュに、以下石灰岩質の含有量にてプルミエ・クリュ、並シャブリ、そしてプティ・シャブリ(ポルトランディアン土壌という土質)と色分けしてあるわけです。もちろん土質以外に畑の向きとか日当たり条件などいろいろ考慮しての区分だとは思いますけど。

シャブリのグランクリュの地図も生産者のHPにあります。こちらをご覧下さい!
▼続きを読む
| ワイン日記::フランスワイン |
| 11:14 PM | comments (0) | trackback (x) |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2008年09月01日
All Rights Reserved./Skin:oct