ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

ワイン大学第281回定例会アキュイール西天満
先ずここのレストラン、場所が分かり難いので少しご注意頂きたいと思います。ポイントは大阪梅田からタクシーに乗るのが一番で「老松町を東へ、次の信号手前右手の蕎麦屋前」と運転手にお願いしたら5分もかかりません。ちょっと詳しく申し上げると大阪駅から少し歩いて旭屋書店の前からタクシーに乗ると分かり易いと思います。梅田新道交差点を東へ、次の梅新東を右折してすぐ左に曲がるとその筋が老松町、左手にフレンチ「デヴィッド・セニア」を通り越し前方に信号機が見えたら手前右手に蕎麦屋「なにわ翁」がありますのでそこで下りるとそのすぐ南側ですので分かり易いと思います。
新しいとても綺麗な店内を20名のメンバーで貸し切りにして頂きました。

先ずはアミューズ3種盛り「フォワグラのクレム・ブリュレ、白瓜のグレック、グジェール」です。しょぼいアミューズだとがっかりしますがここは十分納得の量と質! 欲を云えばブリュレのクリームの量を控えて頂ければ有難いかも。つまりフォワグラを増やして頂きたいという願望ですけど。

最初の前菜は「魚介類とトマトのエッセンスのジュレ、キャヴィア添え」です。キャヴィアの他生海胆、ヒラメのクリュ、焼き目を付けたサン・ジャックに蒸し鮑など豪華絢爛、量もタップリ。

次は温かい前菜「フランス産フォワグラと穴子と米茄子のクロケット、胡瓜のソース」、実に贅沢なコロッケです。

お料理はまだまだ続きます。
▼続きを読む
| ワイン大学 |
| 11:54 PM | comments (0) | trackback (x) |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2008年07月24日
All Rights Reserved./Skin:oct