ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

フランス料理店ア・プ・プレ
祇園祭で混み合う京都ですが、五条周辺に下るとそういった喧噪とはまるで別世界。新町の白山湯を少し北に上がり、細い路地を東へ入ったところにお店はありました。

予めギンギンに冷やして貰ってたクレマン・ド・ロワールを頂きながらアミューズです。スプーンに盛られた帆立貝のマリネと夏トリュフにグジェール、帆立貝の鮮度が光ります。

前菜は「Feuillté de saumon mariné à la salade de jeunes pousses et fromage chèvre aux herbes、自家製サーモンマリネ、ハーブ仕立ての山羊のチーズとベビーリーフのサラダのフイユテ」、サクサクのパイ生地とスモークサーモンの食感、お見事です。

本日のスープは南瓜の冷たいポタージュ。

魚料理は「サン・ピエールのポワレ、赤ワインのソース」日本ではマトウダイ、体表に丸印みたいなのが現れるので的鯛とも呼ばれていますがフランスでは高級魚。量も付け合わせもタップリ、何処かのママゴト料理ではありません。

お料理はまだまだ続きます。
▼続きを読む
| 食べ歩き::お気に入りの店 |
| 11:30 PM | comments (0) | trackback (x) |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2008年07月16日
All Rights Reserved./Skin:oct