ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

Bourgogne Pinot Noir 2006 Domaine Hubert-Verdereau
先日のブル泡とあまり変わらないラベルの赤ワインです。ヴェルドローの泡物を請け負っているのは予想した通り「L.Vitteaut-Alberti」との返答が輸入元から届きました。
さて到着して間もないワインですが(普通輸入されて間もないワインは味が落ち着いていません)とりあえず試してみることに。まずは予備知識としてこのワインの原料であるピノ・ノワールは先日の泡と同じヴォルネイのACブルゴーニュの区画であると云うことを知って頂きたいと思います。
ACブルゴーニュは大変広い地域に許可されており北はシャブリの近くから南はボージョレまで、要件さえ満たしていればACブルゴーニュを名乗ることが出来ます。ですが味わって頂きたいのはコート・ドールで栽培される葡萄を原料とした物と私は考えます。コート・ドール地区のACブルゴーニュは赤白とも他の地域と比べて出来るワインの質がやはりかなり高いレベルに仕上がります。ですから「ACコート・ドール」があって然るべきと私はINAOに申し上げたい。
大量生産が可能な地域のワインとはひと味どころか雲泥の差があります。十把一絡げに「ACブルゴーニュ」と扱われるのは如何なものかと思います。 国際線で海外に飛ぶとき機内サービスで供される「ACブルゴーニュ」を旨いと思って飲まれたことがありますか? 名前だけのブルゴーニュがブルゴーニュワイン全体の価値を下げているように感じるのは私だけでしょうか。
さて早速開けてみましょう。
▼続きを読む
| ワイン日記::フランスワイン |
| 11:50 PM | comments (0) | trackback (x) |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2008年07月04日
All Rights Reserved./Skin:oct