ワインとピアノのある部屋

八戸ノ里南を西へ入った自転車店のつぶやき

Château l'Arrosée 2001 AC Saint-Émilion Grand Cru
8v0623.jpg「下手な写真やなあ!」と仰る前によくこの画像をご覧下さい。お分かり頂けたでしょうか? ラベルが二重に貼られているのです。つまり手貼りではなく機械で貼られている証左であります。ワインの瓶詰めは現在では殆どマシーンによって行われていますが、ラベルだけは手貼りのところをたまに見掛けます。手貼りなら人間がするわけですからこんなコトにはならないはず、機械は100%信用してはダメだと云うことが解ります。
さてサンテミリオンには格付けとしてプルミエ・グラン・クリュ・クラッセのAとB、そしてグラン・クリュ・クラッセがあることはよく知られていますがアペラシオンはどうなっているかご存知の方は意外に少ないようです。格付けとアペラシオン、両方覚えるのは大変ですがしばらくお付き合い下さい。
まず「saint-emilion」と入力してアペラシオンから検索してみますと
AOC - VQPRD
--LUSSAC-SAINT-EMILION
AOC - VQPRD
--MONTAGNE-SAINT-EMILION
AOC - VQPRD
--PUISSEGUIN-SAINT-EMILION
AOC - VQPRD
--SAINT-EMILION
AOC - VQPRD
--SAINT-EMILION GRAND CRU
AOC - VQPRD
--SAINT-GEORGES-SAINT-EMILION
と肝心の中心部のアペラシオンは二つしか存在しません、即ち何も付かない「サンテミリオン」と「サンテミリオン・グラン・クリュ」だけであります。

▼続きを読む
| ワイン日記::フランスワイン |
| 02:45 PM | comments (0) | trackback (x) |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインとピアノのある部屋::2008年06月23日
All Rights Reserved./Skin:oct