ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

La Gravette de Certan 2002 AC Pomerol
8v0425.jpg昔からこのベルギー人のシャトーはすぐ見分けることが出来ました。特徴はキャップシールのパステルピンク、数あるボトルの中でピンク色のキャップシールを纏っているのは Vieux Chateau Certan だけでした。25年以上前のお話しですが今では似たようなキャップシールの色が多数あるはずです。このセカンドも同じ色のキャップシールでもちろんずっしり重い錫製。
まずはシャトーのHPを開いてみましょう。英仏2カ国語に分かれていますが内容的にはどちらも同じで各ヴィンテージ毎の詳しい解説があり年ごとに葡萄の出来が違うのでセパージュも違うことが書かれています。醗酵温度はメルローとカベルネ・フランは違うことも説明がありますので注意して見てください。ですが肝心のこのセカンドについての説明は見当たりません、私の調べ方が悪いのでしょうか?
INAOのHPからPomerolを探すとこちらが出て来ます。1936年のポムロールの規定から一番新しいのは2000年7月17日に改訂されていることが分かります。フランスのワインに関する法律はたびたび変わりますので常に新しい情報を掴むように心掛けなければなりません。まあイタリアはもっと酷いですけどね。このアペラシオンを名乗れるのはたった二つのコミューン、すなわちGironde (33)のリブルヌとポムロル ( Libourne, Pomerol )だけという実に狭い地域であると云うこと、葡萄品種はcabernets, bouchet, malbec ou pressac, merlot.との表記が見られますけど、カベルネが複数になっていてカベルネ・ソーヴィニョンを指すのでしょうね、フランも含むから複数なのか。次の「ブーシェ」とはカベルネ・フランの現地での呼び名、マルベックとプレサックも同じ品種で呼び名が違うだけ、メルローは最後になってますがこれがもっとも使われるわけであります。

▼続きを読む
| ワイン日記::フランスワイン |
| 04:52 PM | comments (0) | trackback (x) |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2008年04月25日
All Rights Reserved./Skin:oct