ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

平成20年4月の日本料理店もめん@大阪ミナミ
日本料理の世界ではやたらと京料理が持て囃されます。

祇園界隈で最も予約が取れないと云われるお店の場合、東京からわざわざ泊まりがけで来られる熱心なファンが数多く居られそれぞれ「年間予約席」を確保されています。

例えば毎月第1木曜日はSKさんご一行4名様、第3土曜はRRさん8名様など年間予約席はここ数年決まったままです。

で、その中には有名ブロガーが沢山居られ一斉に今月のお料理は・・・・と公開して煽るので、行けない人はますます予約を取りたくなるわけです。

しかし「年間予約組」が前もって枠を取っているからであり新参者はいつまでたっても予約は無理なわけです。行こうと思えば何とかその年間予約組に近付き仲間入りを懇願されるケースが多いみたいですね。でも拡大路線を走ってしまうと味を維持するのは難しいと考えます。

さて月替わりの料理を供するお店は京都だけではありません。大阪にも京料理とは違う大阪の味の伝統を守るお店があります。
8m0403-1.jpg
先ずは先付け、うすい豆腐に生海胆、天盛りは花山葵に旨出汁で頂きます。翡翠のような綺麗な緑色を楽しめますが豆の風味も十分生かされています。

▼続きを読む
| 食べ歩き::お気に入りの店 |
| 08:51 AM | comments (0) | trackback (x) |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2008年04月03日
All Rights Reserved./Skin:oct