ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

DA ANDREA 東野田のイタリアン
ワイン大学古株メンバーのお一人が「どうしても行きたい!」と仰るので同行しました。このイタリアンを執拗に鼓舞するブログの存在を見つけたのは一時間ほど前ことですが、写真がお上手なのでお料理だけ見てたら誰もが行きたくなるのでしょうね。グルメ雑誌に載らなくてもブロガーが騒ぎ立てて流行るというパターンがますます増えてくるはずですが、雑誌のライター諸氏はまだまだ気付いていないようです。月刊誌は〆切から出版販売に至るまでかなりのタイムラグがあるので旬の情報を伝えることは難しいわけです。前もって去年の写真を使ってタイムリーに出せたところで共感を呼ぶには至らずブログの情報に勝てるとは思いません。若い人達は携帯からの情報で動くのが殆どになるでしょうからグルメ雑誌の賞味期限はますます短くなるでしょう。
さてこのレストラン、京橋駅から歩くとそこそこの距離がありますので大阪梅田からタクシーに乗るのが今の時期なら賢明でしょう。国道1号線を東へ谷町筋を越え銀橋を渡り東野田の交差点を右折してすぐのところで下車、西行き一方通行の道を少し入ったところの右手にあります。
8da0131-01.jpg
アミューズというか最初の前菜は冷たい蕪のスープに帆立貝とズワイガニ、蕪菜のジュの色が鮮明、しかしオリーヴオイルの匂いが少し気になります。

▼続きを読む
| 食べ歩き |
| 03:44 PM | comments (0) | trackback (x) |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2008年01月31日
All Rights Reserved./Skin:oct