ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

Château Carbonnieux 2005 AC Pessac-Léognan
8v0129.jpgボルドーワインの特徴あるエチケットの一つで殆どの方がご覧になったことがあるはずのシャトー・カルボニュー(白)、ヴィンテージは噂の2005年ですが驚くのはその価格! 税別の定価は何と7600円もするようになったのです。1980年代や1990年代なら赤白詰め合わせのギフトには欠かすことの出来なかったワインですが、恐ろしいほどの値上がりであります。3、4年前までは確かネゴシアンの売値で10ユーロ程度だったはずですが今は17ユーロ前後、現地価格で7割の値上げにユーロが35%程度円に対して上がっているので考えられない価格設定になってしまいました。これはムートンのセカンドワインや同じくムートンの白ワイン(エール・ダルジャン)にも当て嵌まりますね。所謂昔からの有名銘柄や格付け銘柄のワインで特徴ある物殆どがこの値上がり対象銘柄になっていると考えられます。もちろんその中には蚊帳の外に置かれている物もあるでしょうが、特定の評論家や雑誌に高得点で載ると殆ど値上がりの対象になっているようです。
さて輸入元のHPを見ると「ソーヴィニョン・ブラン 65%、セミヨン 30%、ミュスカデル 5%」となっていますがこのワインの裏ラベルには(2005年ヴィンテージ)ソーヴィニョン・ブラン70%、セミヨン30%と明記してあります。ワインは毎年セパージュが変わるのが普通ですので、その年のデータをきちんと記載すべきであります。もちろん暗記などする必要はありませんが、ヴィンテージの特徴を掴むためにはその年に何の葡萄が良くできたかは把握しておいた方が良いと思います。
裏ラベルにはまたあまり冷やしすぎないで10~12℃で飲むように注意書きがあります。

▼続きを読む
| ワイン日記::フランスワイン |
| 03:42 PM | comments (0) | trackback (x) |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2008年01月29日
All Rights Reserved./Skin:oct